読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汐の声

「天人唐草」に続いて読む。表題作は猛烈に「怖い」というので有名なのは知っていたが、まさか心霊系のものがそれ程までに恐ろしいとは思えず、気軽に夜読み始めるが、とんでもない失敗であった。
兎に角嫌な感じを出すのが上手いのと、作者得意の腑抜け主人公への厳しい態度の結果として、猛烈に後味が悪くかつ身につまされる感(現実味こそないにもかかわらず)が醸しだされ、滅茶苦茶気味が悪い。
もっとも、一番怖かったのは非現実系ではなく「蛭子」。これは本当に恐ろしい。
後はやはり「鬼」の悲惨さか。最後はそれまでと比べるとやや単純に過ぎる気もするが、他の作品と合わせると作者自身の魂の変遷を見るようで大変良い。
唯一の恐ろしい系でない、「笛吹き童子」も実によく、本書はいずれ劣らぬ傑作揃いで、(恐ろしい系とはいえ)おすすめ。

汐の声 (山岸凉子スペシャルセレクション 2)

汐の声 (山岸凉子スペシャルセレクション 2)