2020年の思い出

2020年はコロナを筆頭に外部環境が目まぐるしく変化し、それにまごつき戸惑う中で、あっという間に過ぎてしまったという印象の一年であった。

研究に関しては、年も終わりが見えつつある11月頃に、立て続けに論文の採択が発表されたが、土壇場の状況変化により急遽様々な対応(というか要はD論執筆だが)に追われる激動の日々となった。繁忙期と重なって11月から12月中旬はかなり厳しかった。とはいえまだ何も決まっておらず、年明け以降が正念場だが。

一方で上記の話は、中身の本質的な部分は昨年までに一段落しているものであり、その意味で新しいネタに本来取り組むべきなのだが、それについては(面白げな話に触りつつも)腰を据えて当たれておらず反省が多い。永瀬王座が将棋世界かWebかのインタビューで、「コロナ禍下の緊急事態宣言下でどう将棋に取り組むかで、終わった後に絶対に人ごとに大きな差がつくと思ったので必死に取り組んだ」みたいなことを言っていたと思うが、その意味では正しく駄目な側のお手本のようであった。

昨年の総括で取り上げた話題で言えば、映画については世相の影響もあって外出機会が減ったので全然見れていない。

新作では4月頃にオンラインで見た「ホドロフスキーのサイコマジック」は良かった。(どうも精神的に参っていると、この類のものに弱くなる傾向がある)

昨年期待していた「ミッドサマー」は作り手の性格の悪さと賢さが遺憾なく発揮された良いものと感じたが、その後見た「へレディティ」の方が全体的には綺麗で好みであった。

鳴り物入りの「TENET」は、時間あたりの情報密度がとにかく多く、脳へのジャンク投入、という観点では良かった(終了後に自分で時系列を書き下して答え合わせをしてしまった)が、何度でも見たい、という類の作品かは微妙。

どうでも良いが、予告で洋上風力発電をクローズしていて、それで題名が「TENET」というのも、洒落のつもりがあるのか、と気にしていた(一部では、本当にそうだ、という向きもあったが)が、特に本編では当然ながらメンションはなかった。

旧作込みでは一番よかったのは、20年以上ぶりに映画館で見た「もののけ姫」だった。小学生のときに映画館で直接見た最初のジブリ映画であり、かつメイキングの「もののけ姫はこうしてうまれた」がものを作るということの一つの極限という感じで凄すぎる内容(TVで放映していたのを子供の頃に見たが、森繁久彌美輪明宏が、こうしてほしい、という要望を宮崎駿から受けると忽ちまさしく变化するように演技を変えていく、しかもそこで終わりとならずにさらなる試行錯誤を重ねて化けていくところや、スタッフの苦悩が滲む件をはじめ、今でも様々な場面が想起される)で強い印象を受けた作品であったが、そのバイアスを抜きにしても手合違いと感じた。冒頭から音と絵の実力に圧倒されてそちらに意識を持っていかれるがために、話の本筋をリアルタイムで追うために意識をそちらに向けるのに難儀するようなアニメが果たしてどれだけあるか。

後は、8月に見た「ゆきゆきて神軍」はひたすら圧巻だった。今年初めて見たもので最も見てよかったのはこれかもしれない。百聞は一見に如かず。メイキングの本も読んでしまった。

その他は恵比寿で「8 1/2」など見るがピンと来ず。(本当はアマルコルドが見たかったが予定が合わせきれず見れなかった)

 

ゲームについては、昨年投稿した論文が(分野の通例ということだが)半年たって漸く音信あり、その後Reviseしてもなしのつぶて、みたいな状況だったので不貞腐れていたところに、突如降ってきたSwitch Onlineへのスーパードンキーコング3部作の投入が大事件であった。という訳で箍が外れたが如く、夏から秋にかけてせっせと1,2をクリアしていた。特に2は初めてやったが、難易度調整が(1の比ではないにもかかわらず)実に絶妙で、一つのステージで30回-50回ぐらい死んでいるとプレイヤーの操作レベルが上ってできるようになる、という仕組みで(研究や仕事では容易に得られない達成感へ久しぶりにアクセスでき)とても感動した。イギリスの宝ことDavid wiseの音楽については言うまでもない。(自分は1の「ふぶきの谷」のBGMはじめ、FisherのBGMもかなり好きだが)

後一連の過程の中で、スーパードンキーコングRTAの動画を頻繁に見ることになり、それを通じて(自分ではやらないながらも)RTAという分野にアクセスすることができたのが嬉しいことであった。ドンキーコングに限らず、さまざまな分野の動画を見る機会ができたが、いずれもまさに人類の可能性を切り拓いている、という趣で、苦労や技芸が詳細に分かるわけではないが、非常に心動かされるものがある。(ここに来て漸く「観る将」の気持ちとされるものが分かった気分になった)

年末もRTA in Japanのオンライン放送のお陰でとても充実した気持ちで年を超すことができた。(シャーロック・ホームズ、ファイナルソード、クロックタワートリロジー、ダークソウルリマスター、朧村正、マリオランドトリロジー、新旧ゼルダなどエンジョイしてしまった。)

 

音楽は、イベントはほぼ参加せず。1月に中野サンプラザに"CHRONO CROSS 20th Anniversary Live"を聞きに行ったぐらい。アレンジで化けるものもあり(「世界のへそ」など)想像の5億倍プログレであった。 

しかしはや21年、ということで今年こそCrimsonが来る予定のはずだったのだが…早くコロナが収まることを願いたい。後は今年の3月こそ、だろうか。

 

長くなりすぎて疲れたので、本と漫画については、列挙するに留める。

去年読んだもののうち、特に良かったものは、「ブルシット・ジョブ」、「社会科学のためのベイズ統計モデリング」、「藤井猛全局集」、「新型コロナからいのちを守れ!」

良かったものは、「箱男」、「一日一つだけ強くなる」、「マックス・ウェーバー」、「証言 羽生世代」、「はじめてのスピノザ」、「竹中平蔵 市場と権力」、「ワークマン式「しない経営」「ドキュメント ゆきゆきて神軍

、まあまあだったのは「自発的隷従論」、「現代将棋を読み解く7つの理論」、「未来の医療年表」

しかし、全体通じて量も質も自分は本当にしっかりした本が読めなくなってるのだな、と落胆する。

 漫画で良かったのは「数字であそぼ。」(これは本当にすごい。「動物のお医者さん」の再来)、「おむすびの転がる街」、「きりひと讃歌」(主人公の同僚が人ごとに見えないのと、顔芸が印象深い)、「風の谷のナウシカ」(通読して、あまりの重さに疲れ果てた)。

悲しいことに自分が昨年一生懸命読み始め、非常に面白く読んでいた「アクタージュ」はなくなってしまったので、今後継続して読むものがあるとよいのだが。後は時事ネタだと「鬼滅の刃」は最初4巻ぐらいまで読んで「言われているほど面白がれないな…」とか思っていたが、その後あまりに身の回りでも話が出るようになったので読み直して18巻ぐらいまで読んで置いてある。最初の頃はネーム一発でどこまで運ぶか、みたいな節もあり、割と変わり種的な立ち位置の話だと思っていた(大筋はありがちなので、そういった目新しさが売りか?と思った)が、途中から普通のキャラドリヴンのよくある漫画みたいになって分かりやすくなった(よくある面白い漫画になって、世の中的に受容しやすくなった)、という印象。表紙がその象徴か(最初の頃は表紙が常に主人公と別のキャラ2体となっていたりして、関係性を推す意図かもだがそういったものをあまり見ない印象だったが、その後は表紙は単独のキャラのみになってありがちになった)

 その他、「旅行」タグをつけているが、2月(!)にヨーロッパに行く機会があった。正しく行けるか否かの瀬戸際、という所で行くことになった、という所であり、詳細は略だが、珍しく時間に余裕がある旅程であった(とはいえ飛行機が強風で飛べなくなって結果急遽12時間鉄道に乗る羽目になったりアクシデントとは未だに縁が切れないのだが。スキポールでは以前もトラブルに見舞われており、実に相性が悪いと言わざるを得ない)。

中でもオランダでは様々な良い経験ができ、オフの部分ではとりわけConcertgebouwに行くことができたのは("The Night Watch"の聖地巡礼的な意味でも)得難い機会だった。(イギリスでもHyde Parkにニアミスだったが、こちらは横目で見るに終わる。)音響はド素人の自分でも、安い席にもかかわらず、音の耳への入り方がまるで異なるように感じられるものであった。その他、フェルメールについての自己認識(解像度)がかなり改善された。 

後はラジオを聞くようになったのが多少なりの変化か。

 

 

 

 

社会科学のための ベイズ統計モデリング (統計ライブラリー )

社会科学のための ベイズ統計モデリング (統計ライブラリー )

 

 

 

藤井猛全局集 竜王獲得まで

藤井猛全局集 竜王獲得まで

 

 

 

 

 

箱男 (新潮文庫)

箱男 (新潮文庫)

 

 

 

1日ひとつだけ、強くなる。

1日ひとつだけ、強くなる。

 

 

 

 

 

証言 羽生世代 (講談社現代新書)

証言 羽生世代 (講談社現代新書)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキュメント ゆきゆきて、神軍[増補版]
 

 

 

自発的隷従論 (ちくま学芸文庫)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

おむすびの転がる町 (楽園コミックス)

おむすびの転がる町 (楽園コミックス)

 

 

風の谷のナウシカ 全7巻セット

風の谷のナウシカ 全7巻セット

  • メディア: セット買い
 

藤井棋聖誕生(と、歴史的偉業を手放しで喜べない自身の憂鬱)

世の中も、自分の周辺も激動の二週間であった。

その最たるものが7/16の藤井棋聖誕生。正直戦前は3-1で奪取、というシナリオは微塵も考えていなかった。自分はしょうもない話のせいで、リアルタイムでの観戦はできなかったのだが、間違いなく歴史に残る瞬間だろう。

しかし、棋譜や投了近辺の録画映像(渡辺二冠がカメラ側に顔を向けて息を吐く箇所があるのだが、あまりの精気のなさに、あたかもエクトプラズムが抜け出すようにさえ見えた。およそ見たことがない表情であり、かなりショックを受けた。)やその日のうちに更新された渡辺ブログ、など色々見て、率直に言えば深い疲労感と、今後数年で自分のプロ棋界への興味が減衰してしまうのでないか、というこれまでにない不安を覚えた。

コロナというイレギュラーがあったこと等の外部環境の影響は無視できないといえども、明らかに棋界1,2を争う水準の渡辺二冠に対して17歳時点でこのような、内容で圧倒する将棋が指せてしまうという事実、更に言えば今後も藤井棋聖の棋力は上昇カーブに乗って向上し続けるだろうことなどを思うと、一強時代が早晩訪れることはおよそ間違いないのではないか。

更に言えば、同世代「ライバル」(羽生九段に対する佐藤九段、森内九段)の不在と、ソフトにより戦法の収斂が進んだ状況(要は△8五飛を極めて名人に就いた丸山九段、藤井システム竜王に就いた藤井猛九段のような、イノベーションをもってして一躍スターダムに躍り出るようなプレーヤーがきわめて出づらい)などが、一層きわだった独占状態を作り出すことは想像に難くない。

現状で分の悪い豊島竜王名人とも、13歳差と谷川九段-羽生九段の年齢差より大きいことを踏まえれば、向こう6,7年すれば全盛期を過ぎた豊島竜王名人と全盛期の藤井の対戦成績は偏る方向に移る、というのは(フィジカルベースのみで言えば)自然な予想だろう。

もちろんこれらの予想は、事実のみに基づくもので、ある種「暗黙の了解」であった訳であり、「いつ」それが明らかになるか、という点が問題だったのだが、高校生という身分が藤井棋聖に与えていた時間的制約による棋力へのリミッタがコロナの結果外され、予想を超える速さで成長が進んでしまった、という結果が今回の全てかと思う。(書いていて思うが、SFのような筋書きである)

その結果、これまでのようなお気楽パヤパヤの、「若武者が王者に挑む」ようなストーリーが一瞬で超越されてしまい、今後下手をすると、シドが参入した後のFFTのような「粛々」、としか言いようのない状況が作られる可能性が高いのではないか、という予想が個人的にはある。そのときにプロ将棋の「勝負」という側面をどこまで楽しめるのか、自分の中の疑問が拭えずにいる。

個別の棋譜はある程度楽しめることを期待しているが、一方で、正直いえば、その「楽しめる」というところも(ソフトによる研究やそのフォローをもはや自分で実行できておらず、ブラックボックス化しているがために、「結論」を知らないという)自分の無知によるところが大きい、と感じられること、また、渡辺二冠が現時点で、藤井打破の手段が第三局のような事前研究を極めた状況でレールに乗せる手段しか思いつかない、といったことを言っていることも疲労感を強めるものである。

要は過去の森内-羽生の▲7四歩で終わった名人戦第2局のようなものを求めていくほか、勝負としての面白みがないという時代がもし本当に実現してしまったら、一介の素人には楽しむべき要素はどこになるのであろうか…?

個人的には、29連勝あたりから、藤井棋聖を「(従来の)プロ将棋をいずれ終わらせる役割の人」と半分冗談で呼んできたのだが、どうも(セルに完全体への移行を促したベジータ並みに)認識が甘々だったというか、本当にそういうシチュエーションすら見えてきた、と感じざるを得ない。どのように将棋を「楽しむ」か、という点の転換が、ここ数年棋戦中継を見るだけの安易な将棋ファンであった自分にも求められつつある、という気がしている。

 

 

追記

たまたま▲7四歩の話を引き合いに出したら、今話題沸騰の森内チャンネルでちょうど裏話をやっていたので、偶然に驚きつつ、リンクだけ貼っておく。

https://www.youtube.com/watch?v=_N44jOUNUR4&feature=youtu.be

この一局の重みを考えるとインパクトがある話で、確かに色々目が慣れてきた現代だから言える、という感もある。しかし驚いたのは事実。(が、個人的には全く悪印象などはない)

その後の名人戦の△3七銀もそうだが、やはり大舞台だからこそ、技術が既存の枠組みに与える変化が、ある種極まった形で顕在化してくるような印象を受ける。

最後の電王戦でも棋士とAIの間で出てくるような様々な論点が、非常に研ぎ澄まされた形で出てきたことが印象深いが、それと同様の現象と感じた。

2019年の思い出

長すぎる空白の時期であったが、また記録をつけねばと思う。何よりも自分のため。このままだと本当に、日々の記憶があやふやのまま、波に溶けて流されてしまいそう。

後々もう少し詳しく振り返りたくあるが、2019年は(本題の)研究云々も実務・生活関連も荒廃した実り乏しいものであった。当たり前だが、論文はたとえ草稿を書いても雑誌に掲載されるまでは電子空間の塵なのである(Kitaevとかの特例は除く)。それと裏腹に、現実逃避として摂取した各種コンテンツ群は異様に出来が良く、インプット側は非常に満足いくものだった。

前者はここに詳しく書くのは憚られるので、いつも通り後者について書く。

 

特に映画関連は夏頃から下期と今年1月にかけて、新作がおよそ信じられない充実ぶりで、にわかにもかかわらず、アカデミー賞に興味津々状態になってしまった。映画館で見たのは見た順に「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、「ジョーカー」、「パラサイト」、「ジョジョ・ラビット」で、Netflxでは「マリッジ・ストーリー」、「アイリッシュマン」(これは昨日ようやくまとまった時間をとって見た)。

いずれ劣らぬ、というかウルトラハイレベルな作品ばかりで、色々言いたいことはあるのだが、個人的なベスト級は「ジョーカー」と「ジョジョ・ラビット」(特に後者は趣味嗜好に完全に直撃する形で心奪われた)。どちらも、普遍的なテーマを奇想と力技で捌いて見せ、それでいて随所に神経の行き届いた企みと俳優の力により没入させられ、随所で強く感情を揺さぶられる、素晴らしい出来栄えのものであった。

しかしこの2作品、「人は自由の喜びを踊りで表す」ということを(各映画のテーマ直撃で)ラストに持ってきて、しかもその描き方がきわめて強い余韻を残すわけだが、それでありながらこれ程までに間逆な印象を与えるのも珍しい、というか。面白い偶然と感じる。

その他旧作では、「日本のいちばん長い日」、「東京裁判」、「ベニスに死す」、「サタンタンゴ」を見る機会があり、これらもきわめて良かった。(全部アホみたいに長いものばかりだが)

 

ゲームについては、夏ごろの激鬱モードにかまけて積年の思い煩いであった「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」に再着手し、秋頃に漸くクリアした(その後忙しくなったので追加部分は手を付けず)。これについては、(この作品に関わった人たちに対して)本当に生まれてきてくれてありがとう、という言葉以外で語れる感想はない。

その他はメタルギアソリッドシリーズの動画をちまちま見て、ストーリー部分を通り一遍消化した。これも大変良いものであった。1,2,5が特に気に入った。

 

音楽で言えば、9月に六本木で見たMAGMAと11月に羽田のProgFlightで見たKIYOSENが衝撃的であった。特に毎年驚異を提供される後者のイベントではあるが、まさしく規格外のドラムを目の当たりにすることになった。

 

本に関しては全く読む時間が行かず、もはや神保町の地縛霊というか、本屋を介してお布施をする機械と化しているところ。わずかばかり通読したものの中で特に良かったものは「誰のために法は生まれた」、「忖度と官僚の政治学」、「バレリーナ 踊り続ける理由」、「少年の名はジルベール」、「不道徳的倫理学講義」、「ゲーム音楽ディスクガイド」、「『集合と位相』をなぜ学ぶのか」(順不同)。

まあまあ、なものとしては、「岩田さん」、「風姿花伝」、「驚異の量子コンピュータ」、「セロトニン」。

 

漫画については継続して読んでいるものばかりで職場でも古いマンガばかり読んでいるというので、もの笑いになったぐらいなところ。新しく読み始めたものでは「アクタージュ」が大層面白い(実に今様な、見得はあるが汗はないスポ根)。しかし、舞台編になってから完全に化けたという感じな一方、どこまでこの熱量を継続できるのか、というのが不安になるぐらいには面白い。後は読みさしだが、「戦争は女の顔をしていない」がこれまた凄い。その他昨年書いたか忘れたが、panpanyaの「グヤバノ・ホリデー」もまあまあ良かった(旧作よりもマイルド感があるが)。その他「ハーモニー」も読了。印象が悪いとまではいかなかったが、図抜けた衝撃はないと感じる。

後、もともと読んでいたものでは、「少女ファイト」と「3月のライオン」が急激に盛り返した、というか見違えて面白くなった(正直このまま減衰していくと踏んでいたので、不明を恥じる所)。やはりこうでなくては面白くない。

 

 

誰のために法は生まれた

誰のために法は生まれた

  • 作者:木庭 顕
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: 単行本
 
忖度と官僚制の政治学

忖度と官僚制の政治学

  • 発売日: 2018/12/20
  • メディア: Kindle
 
バレリーナ 踊り続ける理由 (河出文庫)

バレリーナ 踊り続ける理由 (河出文庫)

  • 作者:吉田都
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 文庫
 
少年の名はジルベール (小学館文庫)

少年の名はジルベール (小学館文庫)

 
「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史

「集合と位相」をなぜ学ぶのか ― 数学の基礎として根づくまでの歴史

  • 作者:藤田 博司
  • 発売日: 2018/03/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
風姿花伝 (岩波文庫)

風姿花伝 (岩波文庫)

  • 作者:世阿弥
  • 発売日: 1958/10/25
  • メディア: 文庫
 
セロトニン

セロトニン

 
戦争は女の顔をしていない 1

戦争は女の顔をしていない 1

 
グヤバノ・ホリデー

グヤバノ・ホリデー

  • 作者:panpanya
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: コミック
 
ハーモニー(1) (角川コミックス・エース)

ハーモニー(1) (角川コミックス・エース)

 

くなったので、年明け以降のあれこれはまた別の機会に。

 

 

2019.05.21-26

ろくでもない予定の組まれ方をしているので、良い天気なのに溜まるフラストレーション。ストレス解消に読めもしない本をしこたま買い込んでいる。

ローソンのマチカフェで、何も考えず手にとった「窯焼ポテト」が文字通りの「まるごとスイートポテト」で、食べていて恐ろしいほどの満足感。ただ、間食には結構なお値段なので次にいつ食べるかは不明。

日曜日に立川まで「ゴッドファーザー」見に行く。完璧。前よりも細かい所に成程、と思いながら見れた気がする。

 

2019.05.20

早めに起きてノート送付後、朝から懸念と対峙するなど。

その後は外出。いつもと経路が異なり、昼にたまたま目にして美味そうだった「海苔弁 山登り」の弁当を買ってみる。(今回は「海」を選ぶ)ボリューム的にご飯がもっと多いとなおよし、という点はあるものの、大変美味しくて満足。

本題は大過なく終わったので、珍しく気分良く帰って家のことをやったり「官僚と忖度の政治学」を読むなど。

2019.05.19

昨日の反省で早起きして、活動を始める。午前中をそこそこ使えたので満足。

午後は昨日手に入れたタダ券を早速活用。プリンアラモード味のを試すが、流石に甘すぎる感がある。

ペロブスカイトがロシア人の名前にちなんだものであることを認識するなどした。

足摺り水族館

なんか凄く久しぶりに一冊を取り上げて書く気がする。というかもっと備忘としてちゃんと やらないといけないのだが。

最新の「グヤバノ・ホリデー」とか「二匹目の金魚」とか岩波DSの連載とか、新しいものしか読んでおらず、それらも大変よいのだが、これはそれらよりも更にそうした作品に見えていた作者の「色」が強くストレートに押し出されたもの、という印象。絵の芸風の作品ごとの異なりよう、とか、主人公?の見かけの年代の安定しなさとかも相まって、カルピスとカルピスの原液ぐらい違う。ひょんな謎からどろり濃厚な異様な世界をさまよう話の割に(何となくボルヘス、「アレフ」とかに似ているような気がする)、妙な読後の爽やかさのある、何とも不思議な感じ。やみつきになる。かなりお薦め。

気に入ったのは「完全商店街」、「二〇十二年四月十七日の夢」(割と最近の作風に近い?)、「冥途」。

 

足摺り水族館

足摺り水族館