読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光速の終盤術

特に終盤戦の「考え方」に重点を置いての解説を試みたはしりの書。
中身が良いだけでなく、そのコンセプトという意味でも後の棋書に影響を与えた(らしい)非常に意義深い1冊。
それにしても、若い頃の谷川九段の終盤が切れすぎて感動した。特に読み切りまでの消費時間の短さが尋常ではない。自分が将棋始めた頃は7大タイトル戦の内5つぐらい羽生ー谷川戦とかで別格臭を醸し出していたものの、結局羽生流の曲線的な指し回しの前に屈する、みたいのばかりだったので、これを読んでかなり固定観念が覆った。
後、若いころに書かれた本なので、感想が率直なのも面白くて良い。

光速の終盤術 (将棋連盟文庫)

光速の終盤術 (将棋連盟文庫)