読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラバッジョ展

少し前に行ってきた。カラバッジョ本人の作品は必ずしも今回展示された作品全体に対して多くを占めるわけではないのだが、悉くが強い印象を残すものであり、さらにフォロワー(カラヴァジェスキというそうな)と対比されることで、その見事さが際立つ形となっていた。
特に、「五感」をテーマとした「トカゲに噛まれる少年」などは、その瞬間を切り取った手並みが、カラヴァジェスキのものとは雲泥の差。他にも「果物籠を持つ少年」や「ナルキッソス」など非常に良い。