読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Godfather Live 2015

映画 音楽

昨日昼の部に行ってきた。高かったこともあり躊躇した面もあったが、結果は大満足。映画と生演奏がマッチしないかもと危惧していたが、全くの杞憂であった。東京フィルの演奏も(一部速度がブレて怪しいところもあったとはいえ)全体通してみれば非常に良かったと思う。いまいち自信がないのだが、鍵盤楽器とかも古いものを使って、昔ながらの音を出していただろうか?(だとしたら)その辺のこだわりもとても良かったと思う。

しかし何度見ても良い物は良い。毎度のことながら最初のコニーの結婚式のところだけで素晴らしすぎて泣けてしまう(この場面だけでその辺の映画を凌駕しているのでなかろうか)。この日のライブは悉く劇中の音楽を演奏するというもので、ダンスの音楽もオーケストラで演奏だったが、これもまた良し(ちょっとイタリア風のダンスのための民謡にしては上品チックになってしまうところがあるとはいえ)。
後は今回認識を新たにしたところとしては、パン屋の人(ヴィトが撃たれて病院に入院した際に、もぬけの殻となった病院を偶然訪れてマイケルに頼まれ、ブラフの見張りをさせられる人)の演技が良いのでないかという点。一難去って、のところで火を点けてもらう件はもちろん、花束を捨てるまでのところで、小刻みに花束が震えている所が絶妙(のような気がした)。

非常に贅沢な時間を過ごせたので、Part2についても是非近いうちにやってほしい。