読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラ・ラ・ランド

映画

遂に(瞬間的に)劣悪フェーズを抜けたので、昨日池袋で見てきた。(しかし、特に音楽に集中するという点からは、もっと音響に振った所に頑張って行くべきだった。)

一言で言うならば、これは少女漫画ですね(悪い意味ではなく)。なので、すんなり入ってくる人もいれば、ナンセンス、的な反応になる人もいるというのは大変分かる。

ただ、「Another day of sun」の仕上がりは尋常では無いので、これだけで価値はある。(その他の曲は冴えないが。セブの弾く曲もそもそも格好良くなかったり(真のジャズ、みたいなことを宣う割にはキャッチーな音楽に聞こえる。まあジャズをまるで知らないので真偽は不明だが)、ウェットな曲も「冬のソナタ」的だったりで乗れず。)

話の筋とかそれに伴う説得力などはないが、冒頭と最後の「可能性の世界」の、絵と音楽の合せ技の圧倒的力業で押していく典型的パワー系映画。個人的にはこれはあり。

絵的な部分も、序盤の原色だだ使いのドレス(終盤に行くに従いまともな色彩になっていくので、おそらくハリウッドの虚構性、みたいなものと関連があるかもしれない。*1)を筆頭に、かなり気合が入っていて、これはたしかに良い(冒頭のロケは個人的にはそれ程強い印象は受けなかったが)。エマ・ストーンのドレスのみでなく、ロスの夜景など、視覚的にはかなり仕上がっており、引き込まれるので見ているだけで楽しい。*2

後ポイントとしては、一貫して「二人の世界」で話が進む。上で「少女漫画」と言いつつ、ここが通常のものと少し違う点と思っていて、少女漫画だと、ここまで周囲の人が出てこない、のはまずありえないという印象。

主人公の成功譚という観点からしても、素質はあれど自信の持てない、あるいは打ちひしがれた主人公に対して、ブレークスルーが起こるのに周囲の人の働きかけでがあって、主人公が覚醒、と言うパターンが王道と思うが、この話は基本的に、自分で何か頑張ってやると、それが当たる(厳密にはチャンスは外から訪れるが、それぐらい)、と言う構成。

むしろこれは、努力⇒勝利(更に言うと、その努力の方向の妥当性はよくわからないわけだが)という極度に単純化されたジャンプ的展開。なので、より正確には、少年漫画的な感覚が沁みた人が少女漫画的なものをやろうとするとこんな感じになる、といったほうが正確かもしれない。

 

 

 

*1:ただ余談だが、個人的には大学の部活の時に某三大学の主将が赤、青、黄の原色無地Tシャツ揃い踏み、みたいなことを偶然の結果、素でやっていた(ので、凄い絵柄であり、突っ込まれていた)のしか想起されなかった。

*2:しかしどうでも良いが、エマ・ストーン市川実日子に似ている気がしてならない。最近見たものをなんでも結びつけて見てしまう、典型的な残念な人、と言う感じなのであれだが、実際似ていると思う

Flowers 4月号

アランが徐々に可愛らしくなってきた感。ところで、雑誌をわざわざ買うからには「ポーの一族」以外も読もうとはしている(面子は豪華に見える)のだが、何だかいまいち話についていけず。単行本買う方針にシフトするべきだろうか。

 

 

 

2017.03.03

九州へ。朝多少余裕があったので、Switchを買うために並ぶか散々逡巡するが、さすがにいい年してどうか(下手をするとSwitchを持ったまま飛行機に乗る羽目になる)と、あとゲームに割く時間が中期的に自分のしたいことを鑑みても、どれだけあるのか、と思ったのでスルー。(が、ゼルダ、第一感に違わず超絶名作っぽいので割と泣いている)。

帰りは時間の余裕がさしてなかったが、慌ただしく空港でやりうどんのみ食して東京へ。

用心棒

映画

新文芸坐で見る。ど直球時代劇だが、ウェットではなく面白い。キャラクターの造形であるとか風、火の表現など随所に漫画らしさがある(そもそもピストルと刀、強いのはどっちだ、的なところからしてそうか)が、むしろこちらが元祖ということか。

レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ 4

 あまりにもおぞましいが、まだ終わらない。

 

ルポ トランプ王国

これは大変良い本であった。なぜ「本音」であることが重要なのか、なぜ実業家であることを重視するのか、なぜ「反エスタブリッシュ」なのか、そしてなぜ(実際は必ずしもその実現性を信じていないにも関わらず)「変わる」ことを志向するのか、ということに対して、その一端を鮮やかに浮かび上がらせてくれる。

 

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く (岩波新書)
 

 

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

立ち読みして大半読んでしまったので。

感想としては、元となるコンセプトに対する本としてはかなりいまいち。はっきり言えば失敗。ただし、呼んできている人が凄いので、一部面白い。

まず題名とコンセプト(いわゆるすごい人でも、昔はそうでもなかった、失敗もたくさんあったという所もあったということを今の若者に知ってもらって、もっと刺激を受けて頑張ってもらう、的な)にマッチした講演+対談になっていない(ここではコンセプトの是非は問わないことにするとして)。

唯一山中先生はまだそういった目的に合わせた話になっているが、その後は別にそうでもない。まあその最たるものが羽生講演なわけだけど。後もっと言うと、対談において化学反応が生まれるというよりは、むしろある種のブレーキが働いており、対談形式が仇になっている。

で、唯一面白かったのが、最後の山極先生のゴリラとニホンザルの研究の話。本の当初の目的とははっきり言ってあまり関係ないのだけど、ここは非常に興味を惹かれる(一方で、ゴリラやニホンザルの生態を見て得られた所を人間に寄せて見る、という所はよく分からないが)。