読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永瀬流 負けない将棋

今年の新人王戦、加古川青流戦を制した若手のホープが自らの将棋について解説した本。
形式としては、自戦の中から幾つか選ばれた局面において、そこからの展開を著者が解説する方式+解説付きの棋譜
永瀬五段と言えば「受け」と「千日手」が言わずもがなのキーワードな訳で、特に悪げな局面からの指し回しなどについても本人の対局中の意識など絡めつつ解説されている点は良かった。
ただ、一局を単位としてそこから局面を取り上げる方式のため、どうしても考え方やアイディアの面で見た時にはバラバラのものが並んでいる、という印象は避けられない。この意味ではやはり、「戦いの絶対感覚」シリーズの載せ方(一局から幾つか局面を持ってくるのは同様だが、序盤、中盤、終盤に分割した上でテーマ重視で複数の棋譜からの局面が並べてあった。)の方が本の意図する所的に勝るのではないだろうか。あとは、聞き手役の人がただ感心するか、二言目には「これが永瀬流・・・」とか言ってるのは適当すぎだろう、という気はした。もう少しここで提示された様々な考え方を凝縮して落としこむ、みたいな過程が欲しかったがそれは望み過ぎだろうか。
本の作り的にはいくつか望むところがあったけど、内容としてはとても面白くためになる本だったと思う。

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)