汝、神になれ鬼になれ

「生命の木」といい、「闇の客人」といい、どうしたら「陰」の側をこんな風に描けるのか。
上手く言えないのだが本当に良かった。