読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M1夏学期成績

成績

もう大学院なので成績など正しくどうでもよいのだが惰性でつける。

物性物理3 優

まあ特になし。講義で学んだ、というよりはえらく詳しい2冊の教科書(多体問題、多体問題特論)を自分でつまみ食いした印象が強い。

非平衡科学 優

揺らぎの定理とJarzynski等式の証明を追っただけ(自分が)。

物質科学 良

ちょっとショックだったが、冷静に講義から何も学ばずレポートも講義の話というより自分の興味のあるところ(光誘起相転移とか)について語ったりしてる始末だからこんなものか。

素粒子論 良

レポート採点して返却、ノートネットに上げるなど授業のフォローとかは素晴らしかったが如何せん予備知識のない人間には厳しい授業だった。あまりまじめにレポートも出してないしこれは妥当。しかし授業が終わってからwinding numberとか物性でも滅茶苦茶使うのだなあ、とか今更感じている。

物理学特別講義BXX 優

まあ色々あったけど一安心。グラフェンについて勉強できてよかったなあ、という感じ。


物理学特別講義AⅠ 優

泣く子も黙るLeggettに対して自分の研究(と呼べないような代物)についてのレポートを送る、というふざけた暴挙どころの話ではないことをやる破目になった(この近辺はあらゆるタスクが縮退して夏学期屈指の悲惨さだったとはいえ)が、コメントが超丁寧に入って返ってきて(例によってアラビア語みたいな文字で読むのは難儀だったが)かなり罪悪感に駆られた。来年も来るのでその時はもう少し進歩して良いものを出したい。今学期最大の心残りはこれ。


まあこんな講義やる方も受ける方もなあなあな感じの「儀式」なんざよりも、一時期週5で文字通りの地獄だったゼミの方がよっぽど単位認定にはふさわしいだろう、というのが正直なところではある。というわけで読み終わってないけど以下感想とか。

Goldenfeldゼミ

研究室でのゼミ。くり込み群がやりたい、と言ったところ薦められた。5章あたりから初めて大体読んだ。大雑把かつ具体例が悩ましかったりするが、「気持ち」みたいなものに重点が置かれていて大変良い本。

Lectures On Phase Transitions And The Renormalization Group (Frontiers in Physics)

Lectures On Phase Transitions And The Renormalization Group (Frontiers in Physics)


Kamenevゼミ

昨年の暮れから初めて5月半ばでいったん終了。理論演習に使うかも、ということでKamenevのKeldysh Green関数のレビュー読んだ(メゾっぽいところは割愛)。計算は不親切気味だったし、所々おかしな感じの所とかあって不完全燃焼気味。後期はRammer読む。


永長本ゼミ

経路積分の勉強がしたいとか言って、同期と素論の人と読んだ(量子ホール効果は割愛)。いろいろ話題は載ってて面白いことは確かだが、自分で計算ができるようになったり、とかとはまた別の気もする。もう少し教育的な本でもよかったかとも思う。

物性論における場の量子論

物性論における場の量子論

非平衡の場の量子論ゼミ

U田研の同期のお誘いを受けてのこのこ参加させてもらったゼミ。closedなpathを入れてくりこみとかやった辺りまでだったか。しかし面子は凄まじいし、本の中身は猛烈にハード(出てくる例が初期宇宙とかそんなんで教科書だけ見ても計算がろくに追えず、原論文見ても同じような計算しか書いてない)で最もしんどかった。前半のあたりとかはまとめとして良い気がするのでもう一度読み返したいが。このゼミ実は継続中なのだが、各人の都合が合わずすでに2カ月延期とかなので今後あるのか、また自分が継続するのかは謎。

Nonequilibrium Quantum Field Theory (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)

Nonequilibrium Quantum Field Theory (Cambridge Monographs on Mathematical Physics)

Schriefferゼミ

O形研のゼミに同期と参加させてもらったゼミ。先生もついてくれていろいろ質問しても丁寧に院生の方、先生ともに答えてもらえるのはすごく有難かった。中身としては結局超伝導をGreen関数でまじめに扱う手前までしか進まず。しかし正直それほど良い本という印象はないが、このあとが良いのだろうか。読む気はないわけではないが時間は限られているのと、今のところ超伝導やる気がまるでないので、このまま読まず終いの危険も大いにある。

Theory Of Superconductivity (Advanced Books Classics)

Theory Of Superconductivity (Advanced Books Classics)