マンガ熱

期せずして似たような本が続くが、こちらも大変面白かった。こちらも正直文句を言えばバチさえ当たりそうな面子であるが、特に面白かったのは、藤田和日郎(おそらく本書のハイライト)、荒川弘大友克洋か(連載時に立ち読みしつつ、途中でキャッチアップが止まってしまった「からくりサーカス」と「鋼の錬金術師」が改めて「死ぬまでに読むリスト」に入った)。

本筋ではないが、本書で効果を上げている点として、インタビュアーが非常に深い知見を持っており、それを活かして懐に入っていくようなやり方があり、それが非自明な価値を出すことに結びついているように見えるというのには(似たような場面でしばしば上手く行かず悩む側としては)感銘を受けるものであったり。

 

 

広告を非表示にする