読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待はずれのドラフト1位

これは大変素晴らしい本だった。こういう本を若い頃に読んでおけばよかった(あまりに若いとなかなか身にしみなさそうな題材でもあるが)。
野球をほとんど理解していないのであれだが、やはり厳しい所で鎬を削っている人たち(かつ、怪我などの外的要因で思わぬ苦難に見舞われるなどの経験をした人)の言葉には非常に重みがあるし、かつ必ずしも思いとは一致せぬ結果となった際に、どのように考えて新たな方向を探っていくのか、という生き様(こう言う他ないように思える)が描き出されていると感じる。
こちらにメモしていないが、先日読んだ「自分で考える勇気」も素晴らしかったし、岩波ジュニア新書、(今更だが)割りと気になるレーベルとなっている。