読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読んでない本について堂々と語る方法

ひどくアレなタイトルからして既に一種のトリックな訳だが、さて中身は、というと「読む」という行為に関する、いかにも現代的な(ポスト現代?)議論。
まあ確かに取り上げられる問題は、何をもって本当に「読んだ」といえるのか、というような事を考えてしまいがちな立場(しかも年々記憶力の悪くなる身)からすればしばしば気にかかるものであり、読んでいくと確かにそれはそうだが、という気はするが、かといってそれ以上のものがあるかと言われると。

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)