読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草の花

残念ながら自分が賞味期限切れなのか、汐見はただの駄目人間(裏表紙には「研ぎ澄まされた理知ゆえに」とか書いてあるが、それとは裏腹にかなり程度の低い部類と言う印象)としか思えず、どっと疲れが来た。

草の花 (新潮文庫)

草の花 (新潮文庫)