読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン・ゴジラ

映画

昨日見てきた。予告を見た時は一抹の不安もあったのだが、それは杞憂に過ぎず大変面白かった。出だしの登場シーンの禍々しさに始まり、話が進むに連れての絶望感の煽り方が素晴らしく、人類側(防衛する軍側)の気分になって特撮映画を見たのは生まれて初めてかもしれない(小さい頃怪獣映画とかテレビを見るときは怪獣VS人間の闘いは完全に怪獣VS怪獣の前座だと思って見ていたので)。こんなに悲壮な気分で宇宙大戦争マーチを聞くことになるとは。
更に、多くの時間は東京湾から上陸したゴジラを前にした人々(政治家・官僚がクローズアップされるが)の混乱や無力さ加減、に割かれるが、そちらも実にそれらしくて良い(謎の日本語混じりの英語をしゃべる石原さとみとかはさておいて)。基本性能は良いが駄目だこりゃだったり、かつ嫌な感じだったりの人間とか、はみ出し者の人たちの感じを的確に戯画化している(かつ外見も実にそれらしい)印象を受けた。
夏休み、もう一度見に行くことも考えたい。大変おすすめ。