読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒博物館 ゴーストアンドレディ

「漫勉」の衝撃を耳にして以来、気になってはいたのだが、ようやっと読む。
話は天然記念物並みの展開で(特に前半は読んでいる方が恥ずかしくなる感じ)、かつ前提を掘るでもなく、活かし切ってもいない(ので話に乗れない間は、むしろ深みのない話に見える)と思うのだが、終盤の怒濤の盛り上がりとラストは確かにぐらりと揺さぶられる。これ程までに全てにおいてど真ん中豪速球勝負だと、なんというか清々しさを感じる。