読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋界の巨人 大山康晴忍の一手

将棋

将棋世界の付録を集めて作った本。題材となる大山将棋は素晴らしいのだが、本としてのクオリティはかなりいまいち。まず問題の解答と大山の伝記的なエピソードを同一頁に織り込む形にしているのにもかかわらず、伝記と問題の年代がかなりずれていてストレスを覚える。もう少し手を抜かずに本を作って欲しい。