読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究者としてうまくやっていくには

予想をはるかに上回る大変素晴らしい本だった。狭い意味での研究者にとどまらず、様々な人が読んで得るところのある本だと思う。
学部生の頃は、たまたま実験で当たった(実験の担当科目はあらかじめ決められたものがいくつかあり、全ては選択できないルールだった。確か一つだけは選択権があったので、その時は液晶の相転移を選んだ)電子回折がいまいち楽しめなかったのと、長谷川先生の名伯楽感(と笑顔が絶えないのにどこか怖そうな感じ)に圧される感じであったが、これを読んで研究室見学の折に話ぐらい聞きに行けばよかったと後悔。学科を見渡しても、企業の事情、大学の事情双方を肌で知っていて、その上でこうバランスのとれた考え方を持った先生はおそらく多くはない(これは裏付けの乏しい感想に過ぎないが)。