読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萩尾望都原画展 「銀の船と青い海」出版記念FINAL

3月にも行っているのだが、追加された物販の圧倒的な美しさ(正直3月のものとは気合の入り方が違いすぎる)と「トーマの心臓」の原画につられて最終日の昨日、のこのこ行ってきた。
最終日の割には混んでいなくて(とはいえ満杯に近かったが)、まあ普通に見れる。しかし何度見ても、精緻な書き込み、目を惹きつけて離さない流麗な線と色、そして台詞回しと隙がない。追加された原画も、「銀の船と青い海」の中で好みのものが幾つも見れたので大変満足。
追加物販は相当迷ったが、「トーマの心臓」の手ぬぐい(勿体なくて本来の用途としてはとても使えないが)を選択。