読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫めづる姫君 堤中納言物語

表題作(「非線形な世界」でも取り上げられていたが)はさほどでもなかったが、本書で言うと後半に収録されたものに、今見かける物語のある種の原型(本当にそうかどうか分からないが)のアイディアが見えるような興味深い作品が多かった。「越えられない坂―逢坂越えぬ権中納言」とかしみじみさせられるもの、「貝あわせ−貝あはせ」(最近この手の話に弱い)、「花のごとき女たち―はなだの女御」(最終盤の展開にかなり意表を突かれた)など。
現代語訳(訳者は「蜂飼」の名前を見るに、これは、という選だったのか)は正直成功しているのかどうかは微妙。

虫めづる姫君 堤中納言物語 (古典新訳文庫)

虫めづる姫君 堤中納言物語 (古典新訳文庫)