読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学問の力

学問・教養論的な題名になっているが、戦後社会を著者が語るという点が強い印象。内容に関しては個人的には必ずしも同意はしない(これについては近いうちに書きたい)、が一貫した知というか力を感じるし、語りおろし、というのはさすがというか驚かされる。後猪木武徳の解説が雰囲気があって良い。

学問の力 (ちくま文庫)

学問の力 (ちくま文庫)