ソラリスの陽のもとに

素晴らしい。「他者」の本質について鮮やかに、かつ最後までぶれずに書ききっていると思う。お薦め。